CSR本部

CSR本部の活動

仙水グループにおけるCSR(Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任)の考え方

  1. 1.企業の社会的責任とは社会に対して「悪しきことをしない」ことではなく「良きことを為す」ことである。
  2. 2.企業は社会貢献こそが究極の目的であり、利益はそのための手段である。
  3. 3.社員が志や使命感を抱き、仕事に誇りを持ち、働き甲斐を感じる企業こそが本業を通じて社会貢献する企業である。
  4. 4.「社会貢献の志と力を有する人材」を育成することが企業にとって究極の社会貢献である。

CSR本部の目的

仙水グループにおけるCSRの考え方4項目を踏まえ、仙水グループ各社の永続的な発展と役職員全員が社会に貢献する人材として活動できるように指導、教育することを目的とします。

CSR本部組織

CSR本部組織は以下の3室とします。

・コンプライアンス推進室 ・食品安全対策室 ・経営指導室

CSR本部の役割

CSR本部各室長は取締役会およびグループの全ての会議に出席し、会社が社会的使命をはたしているかどうかを切り口に公平で公正な意見をのべることとします。

コンプライアンス推進室
  1. 1.仙水グループ全役職員が良き社会生活、企業生活を送れるよう活動します。
  2. 2.法規のみならず社会に適合した人づくりを行います。
  3. 3.仙水グループ中期経営計画で定めた行動規範を全役職員が理解し、実践できるよう指導します。
  4. 4.教育により法令違反行動(産地・表示・品質管理)を未然に無くします。
  5. 5.新規法令・改正法令や条例について、必要な都度研修会を実施し、内容を理解させることで会社の質を高め、社会に貢献できるようにします。
  6. 6.東日本大震災を検証し、危機管理マニュアルを更新します。
個人情報保護について

仙水グループは、個人情報保護の重要性に鑑み、下記の通り個人情報保護方針を定めています。

  1. 1.個人情報の保護
    仙水グループは、役員と従業員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護します。
  2. 2.個人情報の取得利用、提供等
    仙水グループは、個人情報の取得利用、提供等に関して「仙水グループ個人情報保護規則」に基づき個人情報を適切に取扱います。
  3. 3.安全管理に関する措置
    仙水グループは、個人情報の正確性及び安全性を確保するため、情報セキュリティ対策をはじめとする安全管理措置を講じ、個人情報への不正なアクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の予防に努めます。
  4. 4.情報主体の権利尊重
    仙水グループは、個人情報に関する情報主体の権利を尊重し、ご本人様から自己の情報開示、内容訂正、追加や削除、消去及び第三者への提供停止を求められたときは、法令の定めに従いこれに応じます。
  5. 5.法令順守
    仙水グループは、個人情報の取扱いにおいて個人情報の保護に関する法律及び関連する政令・省令を遵守します。
食品安全対策室

  1. 1.食品衛生法、JAS法、業務条例、その他食品に関する法令を遵守し、安全で安心なグループの体制を築きます。全役職員に法令の解釈や理解を現場で指導します。
  2. 2.品質管理、品温管理、表示チェック、細菌・放射性物質チェックなどで食の安全活動を行います。
  3. 3.荷受から出荷までの商品の流れに沿って温度管理、細菌検査、拭き取り検査を行い、食中毒や商品クレームを防止します。
  4. 4.放射性物質への対策として、食品安全対策室が保有するNaI(TI)シンチレーション検出器とゲルマニュム半導体検出器を使用して出荷前に検査し、食の安全・安心を確保します。
  5. 5.メーカー、生産者および小売店への商品管理、適正表示等の指導を行います。

経営指導室

  1. 1.グループ全ての企業が健全な経営を達成するよう指導します。
  2. 2.グループの共同化を推進し、トータルコストの低減を図ります。
  3. 3.仙水グループ各社の財務改善を行い、流動比率100%以上、自己資本比率10%以上を実現します。
  4. 4.仙水グループ就業規則、各諸規程を整備し、グループ間格差を無くします。
  5. 5.グループ各社の経営効率化、合理化のため、仕入・売上・振替伝票の統一化を図り、会計・経理処理の一元化を図ります。
  6. 6.厳重な与信管理を行い、不良債権発生を防ぎます。
  7. 7.在庫チェックを厳しく行い、不良在庫発生を防ぎます。
  8. 8.グループ各社の運転資金借入を有利な条件に変更し、支払利息を削減します。