活動レポート

2011年04月25日(月)
放射線の正しい知識を得るために

東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴い、仙台市健康福祉局衛生研究所理化学課の山田信之氏を講師としてお招きし、「放射線の基礎知識」のテーマで研修会を開きました。放射線の正しい知識を得るため仙台水産役職員、仲卸、グループ関連会社から65人が出席。魚体内に入った放射性物質は体外に排出され蓄積しないなどを学び、市場の安全・安心な食品流通を行おうと真剣に受講しました。

2011年04月24日(日)
ゆりあげ港朝市 ─マグロの解体実演と無料試食─

仙台水産鮪部と(株)仙台鮪販売(鈴木良徳社長)は、名取市閖上港の復興シンボルとなった「復活・ゆりあげ港朝市」を支援しようと、会場のイオンモール名取エアリでマグロの解体実演と無料試食を行い、訪れた多くの被災者らを励ましました。

2011年04月15日(金)
NPO団体ICA様来社

ICA(文化事業協会)様が災害支援のための物資調達に来社しました。トリトンフーズ、カネタ・ツーワン他メーカー様の缶詰や常温商品を提供。支援物資は宮城県・亘理町や福島県・相馬市に送られました。

2011年04月10日(日)
第2回閖上港朝市 ─皆様の期待に応えて─

震災後2回目の開催となった「ゆりあげ港朝市」。魚介や野菜などの生鮮品を求める大勢のお客さまで賑わいました。4月17日以降は毎週日曜日に開催されます。

2011年04月01日(金)
入社式 ─新入社員5名と更なる成長・発展へ─

震災後の緊急体制下ではありましたが、入社式を行いました。島貫文好会長は、「世の中の変化、新しい時、新たなページを開くのは自身だ」と激励。新入社員を代表し、入道基義さんは「地域・お客様・会社のために仕事に邁進したい」と決意を述べました。