活動レポート

2013年1月22日(火)
さらなる発展誓い新年会 《仙台水産欅の会》

さらなる発展誓い新年会 《仙台水産欅の会》写真

あいさつする鈴木会長

当社の加工荷主会である仙台水産欅の会(鈴木弘平会長)は1月22日、江陽グランドホテル(仙台市青葉区)で恒例の新年会を開きました。新年会には来賓、会員70人が出席し、新年を祝うとともに新年度に向けての目標や抱負などを話し合ったほか、日頃の情報を交換し合いお互いの発展を期すなど会員相互の親睦を深めました。

2013年1月19日(土)
決意新たに祝賀交歓会 《仙台海産物仲卸協同組合》

決意新たに祝賀交歓会 《仙台海産物仲卸協同組合》写真

祝賀会であいさつする大庭理事長

仙台海産物仲卸協同組合(大庭武彦理事長)は1月19日、ホテルメトロポリタン仙台(仙台市青葉区)で恒例の新年祝賀交歓会を開きました。祝賀会には来賓や組合関係者約100人が出席、新年を祝うとともに市場の発展と着実な震災復興に向けた決意を新たにしました。また、会に先立ち、勤続30年の(株)仙台宮水の大久保周一氏、小池達也氏、小野俊信氏の3人をはじめとする15人が猪又淳一市場長、大庭理事長から永年勤続表彰を受けました。

2013年1月12日(土)
「大いなる使命感でともに前へ」仙水グループ新年会を開催

あいさつする島貫文好仙台商産会長

あいさつする島貫文好仙台商産会長

仙水グループは1月12日、江陽グランドホテル(仙台市青葉区本町)において来賓45人とグループ22社の社員ら総勢約380人による新年会を開催し、平成25年度に向けた誓いを新たにしました。

「仙水グループこの1年」と題するDVD映写に始まり、熊谷純智仙台水産社長が開会を宣言。島貫文好仙台商産会長が仙水グループ代表としてあいさつに立ち、昨年、(株)ダイスイ、桃浦かき生産者合同会社がグループに参加したことを紹介した後、遅れている被災地復興に触れ「我々の集荷・販売力で懸命に販売支援する。“今でなければ、私達でなければ”できない仕事が山ほどある。大いなる使命感を持ってともに仕事あたることを決意する」と話しました。

来賓あいさつする奥山市長

来賓あいさつする奥山市長

奥山恵美子仙台市長の来賓あいさつの後、全国連合農業協同組合連合会宮城県本部の菊地潔副本部長が乾杯、祝宴に入りました。

アトラクションでは北村先生指揮の下、「仙水グループ合唱団御神船」が復興支援ソング「花は咲く」ほか6曲を披露、会場を盛り上げました。新年会はグループ22社の社員がともに親睦を深め、仕事を通してお互いの夢などを語り合う有意義な時間となりました。

会場を歌で大いに盛り上げた、仙水グループ合唱団御神船

会場を歌で大いに盛り上げた、仙水グループ合唱団御神船

2013年1月5日(土)
着実な復興願い業務開始式・市場運営協力会賀詞交歓会

あいさつする奥山恵美子仙台市長

あいさつする奥山恵美子仙台市長

1月5日早朝、新春恒例の仙台市中央卸売市場水産物部業務開始式が市場開設者など行政関係者や市場関係者の皆さんが参加して威勢よく行われました。震災後の着実な復興を願う市場開設者の奥山恵美子仙台市長のあいさつの後、復興2年目の商売繁盛を願い全員で手締めをして鐘の音を合図にセリが開始されると、仲買人らの威勢のいい声が場内に響き渡り2013年の市場取引が幕を開けました。

その後、市場管理棟で開催された仙台市中央卸売市場運営協力会(会長=島貫文好仙台水産会長)の新年賀詞交歓会であいさつに立った島貫会長は、震災後の復興への取組みと丸1年かけて取りまとめた「仙台市中央卸売市場経営戦略」について言及した後、「当市場運営協力会の108の会社、団体、組合は、開設者と一丸となって市場活性化に取り組み、魅力ある市場を築き上げていく」と決意を述べました。

初入荷マグロの下付け

初入荷マグロの下付け

あいさつする島貫文好会長

あいさつする島貫文好会長