活動レポート

2014年2月26日(水)
村井県知事が桃浦の視察・激励に来訪

2月26日、村井嘉浩宮城県知事がこのほど竣工した桃浦かき生産者合同会社(大山勝幸代表社員)の本社加工場を視察に訪れ、生産者と仙台水産、取引先と懇談し激励しました。

「知事との懇談会」には桃浦合同会社全社員と、販売を支援していただいている主要お取引先6社の幹部社員、そして島貫文好会長以下仙台水産の役職員などが出席しました。

和やかな雰囲気の中、大山代表と島貫会長があいさつした後、村井知事は水産業復興特区を提起した経緯を述べた後「特区が成功するかどうかでこれからの日本の水産業が変わってくる。すばらしい加工場をフル活用しこの秋からの生産量の増大に期待する。創造的復興の大きなモデルと考えており県も最後まで全力で応援する」と話し、かき漁師らを激励しました。

村井県知事が桃浦の視察・激励に来訪

竣工した加工場内を視察する村井知事(右)

村井県知事が桃浦の視察・激励に来訪

和やかな雰囲気の中、懇談が行われる

2014年2月18日(火)
仙台水産加工品部が春の商品提案会を開催

仙台水産加工品部が春の商品提案会を開催

活発な商談が行われた商品提案会場

仙台水産加工品部と惣菜部は2月18日、仙台市場内で旬を意識した春夏商品提案会を開きました。

メーカー様94社に出展いただき、ねり製品や干物、味付切身、塩辛などの水産加工品をはじめ、水産惣菜、日配品など春夏向け商品を中心にバラエティーに富んだ商品が並べられました。会場には小売店、外食関係などのお客様、市場関係者など多数の方々が真剣な眼差しで売れる商品を吟味し、担当者と活発に商談する姿が見られました。

2014年2月17日(月)
桃浦合同会社の本社加工場竣工披露式を開催

桃浦かき生産者合同会社(大山勝幸社員代表)の本社加工場竣工披露式が2月17日、桃浦漁港の現地で行われ、関係者ら約60人が参加して竣工を祝いました。

主催者あいさつで大山代表は、震災からこれまでの道のりを述べた後「桃浦ブランド商品を送り出し水産業の新しいモデルになる」と決意の程を示し、支援をいただいた行政や販売先など各方面に心から感謝の意を表しました。仙台水産の島貫文好会長は「これから真価が問われる。ISO22000を取得し、品質を高め商品開発・顧客創造を図り桃浦地区の復興につなげたい」と述べました。

新しく完成した工場は瞬間冷凍できるプロトン凍結機を導入し、最も実入りのいい春のかきを通年出荷できるほか、かきフライや燻製などを作る加工設備も導入、従来の生産に併せ加工・販売までの6次化産業の実現に大きく踏み出しました。

桃浦合同会社の本社加工場竣工披露式を開催

竣工した桃浦かき生産者合同会社加工場

桃浦合同会社の本社加工場竣工披露式を開催

披露式であいさつする大山代表

2014年2月14日(金)
桃浦でオーストラリア大使館と懇談

桃浦でオーストラリア大使館と懇談

かきの成育を見るサリー参事官(右から2人目)

かき養殖の先進技術で世界をリードするオーストラリアの専門家らが2月14日、桃浦かき生産者合同会社に来社して関係者と懇談し、今後のお互いの協力関係構築に同意しました。

これはオーストラリア大使館(サリー・フィリップス参事官)・総領事館が前日の13日、石巻中央公民館で「オーストラリアかき養殖技術セミナー交流会」を開催後、特別に関心を持っていただいていた桃浦に来社したものです。懇談では、島貫仙台水産会長以下合同会社社員らがオーストラリアの主要メンバーと、同国の先進技術の導入と今年6月予定している若手生産者のオーストラリア訪問研修への協力を要請しました。合同会社が推し進めようと計画するシングルシード養殖、殻付かきの生産に、強力な国際支援が期待されます。

2014年2月6日(木)
丸水配送石巻出張所の上棟式を実施

丸水配送石巻出張所の上棟式を実施

上棟式を行った関係者(施設内)

丸水配送石巻出張所の上棟式が2月6日、石巻市魚町三丁目で鈴木良徳社長以下社員、工事関係者など15人が出席し、工事の安全と施設の早期完成を祈りました。

同施設が完成すると、石巻や女川などを中心に三陸沿岸の海産物の集積機能が高まるほか、丸水配送のみならず石巻地区のダイスイや桃浦かき生産者合同会社のグループ各社の活動拠点として期待されています。出張所は鉄骨造1階建て、延べ床面積は約346m²で3月中旬完成予定。

2014年2月4日(火)
大戸屋が「桃浦かきの仙台味噌鍋定食」で復興支援

大戸屋が「桃浦かきの仙台味噌鍋定食」で復興支援

新メニュー「桃浦かきの仙台味噌鍋定食」

和定食を中心とした大手外食チェーンの「大戸屋」(本部:東京都)が、2月3日から新メニュー「桃浦かきの仙台味噌鍋定食」の販売を開始しました。その収益の一部を被災地の子どもたちのために寄付をして、震災復興支援に役立てます。

大戸屋は、石巻市桃浦地区のかき漁師が復興を目指し生産しているブランド「桃浦かき」を全国に届けたいとの思いで、同社のスタッフが実際に桃浦に出向いて考案しました。「桃浦かき」を使い、永田醸造(亘理町)の仙台味噌をベースに仕立てた味噌鍋定食で、仙台市内などの8店舗で1,080円(税込)、季節限定メニューとして提供されます。また、収益の一部(1食あたり20円)が女川町など、被災地の放課後学校の子どもたちの学びを支援するために寄付されます。みなさんこの機会にぜひご賞味ください。

2014年2月3日(月)
「ベガルタ仙台」から感謝状が贈呈される

「ベガルタ仙台」から感謝状が贈呈される

盾に入った感謝状の贈呈を受ける(右上)

このほど、ベガルタ仙台(白幡洋一社長)から仙台水産に感謝状の贈呈がありました。

仙台水産は、震災被災地の子供たちをスタジアムに招待し笑顔を共有したいとの思いから始まった「2013宮城・東北Dream Project」に賛同し協力してきました。感謝状には「子供たちの心のケアに大きく貢献したことに感謝します」と記されています。感謝状を頂いたことでグループ社員のモチベーションアップにつながります。仙台水産は今後とも様々な活動を通して地域社会に貢献してまいります。