活動レポート

2014年12月2日(火)
奥山仙台市長が歳末商戦入りの市場を視察

奥山仙台市長が歳末商戦入りの市場を視察

仲卸売場でなめたの動向を聞く奥山市長

師走入りした12月2日(火)早朝、市場開設者である奥山恵美子仙台市長が繁忙期に入った仙台卸売市場の視察と懇談に訪れました。

奥山市長は水産棟の各鮮魚売場を視察しながら仙台水産の鮮魚売場では宮城の年取り魚「なめたがれい」の煮付けを試食、その後仲卸売場を視察し市場関係者を激励して歩きました。

視察の後に市場管理棟で水産、青果、食肉、花卉など各団体の代表者らが出席して行われた「市長との懇談会」で、市長は「市民の台所として食卓に安定した供給がなされていることに感謝する。市としても施設の補修が必要なところは順次工事を進める」と話しがありました。