活動レポート

2015年3月15日(日)
「国際交流のひろば」で桃浦かきを振舞う

仙台水産は国連防災世界会議(3/14~18、於仙台)に協賛して、14・15日の2日間、勾当台公園市民広場の「国際交流のひろば」で、市民に試食(無料)してもらうカキ汁の材料として「桃浦かき」200キロを無償提供しました。

国際交流ひろばの一角にブースが設けられ、東日本大震災時に活躍した陸上自衛隊が炊き出しで「桃浦かき」を使ったカキ汁を調理しました。カキ汁の中の野菜は、同じく津波で被災した(株)舞台ファーム(仙台市若林区)が提供しました。石巻市桃浦と地元仙台の被災地生産者が復興に立ち上がったコラボとして、2日間で約3,500食分が交流に集まった市民や外国人の方々に提供されました。

イベントに参加した後に来たという市民からは「カキの風味が強く、大粒で大変おいしい」などの感想が聞かれ、試食を待つ長蛇の列で大盛況となりました。

「国際交流のひろば」で桃浦かきを振舞う

自衛隊の炊き出しで市民にカキ汁を提供

「国際交流のひろば」で桃浦かきを振舞う

桃浦かきのポスターを見ながら試食する市民

2015年3月10日(火)
仙水グループ団結会を開催

仙水グループ団結会を開催

あいさつする島貫文好会長

新年度入りを前にした3月10日、仙台水産執行役員以上と仙水グループの代表取締役の32人が喜良久亭(仙台市青葉区)で「仙水グループ団結会」を開き、各社長が決意の表明を行いました。

はじめにグループのホールディング会社である仙台商産の島貫文好会長が「各社、組織・人事の体制確立と新しい新年度計画発表を終え、いよいよ実践する時期。互いの情報交換と決意表明をお願いする。明るく元気に笑顔で頑張りましょう」とあいさつしました。

各社長は一言ずつ新年度に向けた抱負を語りましたが、笑顔に包まれたなごやかな決意表明の場となりました。お互いの情報交換も行い、グループのさらなる団結と飛躍を誓いあい盛会裏に終了しました。

2015年3月7日(土)
“海と共に生きる”建設業界誌が「桃浦かき合同会社」を紹介

“海と共に生きる”建設業界誌が「桃浦かき合同会社」を紹介

ACe建設業界(2015年2月号)「海」と共に生きる

日本建設業連合会の刊行物「ACe建設業界」(2015年2月号)で、「桃浦かき生産者合同会社」が特集で「海と共に生きる」“新しい水産業モデルを実現した”と紹介されました。

表紙に桃浦漁港に係留されているカキ養殖の新造船2隻の写真を掲載。「もう一度、かき生産をこのまちで」のタイトルで、桃浦復興への想いと仙台水産の支援、新しい水産業モデルの実現などが本文記事の6頁にわたり紹介されました。

大震災で壊滅的な打撃を受けた桃浦が、漁業の継続と村落再生のため合同会社を設立し「桃浦かきブランド」の6次産業化に取り組んでいることや、「憧れの仕事がここにあった。次の桃浦の力になりたい」(南谷竜さん)など、若い担い手も紹介されています。

刊行物は日本建設業界のホームページ⇒ACe建設業界(2015年2月号)で公表されていますが、桃浦の掲載記事は下の「桃浦の記事はこちら」をクリックするとご覧になれます。

→桃浦の記事はこちら