活動レポート

2017年5月31日(水)
せり人試験に全員が合格

せり人試験に全員が合格

あいさつする中村市場長

仙台卸売市場のせり人試験がこのほど行われ、仙台水産の新規受験者7人全員が優秀な成績で合格し、5月31日、市場管理棟で新規登録証とせり人章が交付されました。

冒頭、中村良幸市場長はあいさつで「新規登録された方は今後取引の場で経験を積み資質の向上を図っていただき、更新の方はせり人の重要な役割を再認識し、公平かつ公正な市場取引の維持に努めていただきたい」と述べました。

その後、業務課長から「新規の13人を含め受験者の9割が85点以上、平均点92.1と優秀である」との講評がありました。なお、郡山連絡所の及川史朗次長(更新)が百点満点でした。

2017年5月23日(火)
仙台水産第63期定時株主総会を開催

仙台水産第63期定時株主総会を開催

株主総会であいさつする島貫会長

仙台水産は5月23日、本社大会議室で第63期定時株主総会を開催しました。

冒頭、議長の島貫文好会長はあいさつで「昨年度は本業を通して大震災復興支援を継続したほか、魚の消費拡大や提案型営業などに努め一定の成果を上げた。今年度は引き続き集荷力強化に努めるべく、そのための組織体制を組みたい」と述べました。

次に議案の審議に移り、若干の質疑応答の後、提案された議案は原案どおり全て満場一致で可決承認されました。今期は取締役全員が任期満了に伴う改選期でしたが、全員重任されたほか、新たに伊藤真冷凍部長、三浦孝一郎加工部長の両氏が取締役に選任され就任しました。また、八島淳一郎顧問弁護士の逝去に伴い、真田昌行弁護士が就任しました。

2017年5月20日(土)~21日(日) 杜の都に御神船 第33回仙台・青葉まつり
“青葉萌ゆ 杜の都に御神船”青葉まつりで巡行

杜の都に御神船 第33回仙台・青葉まつり

活気に満ちた踊りを披露するすずめ踊り隊

新緑が鮮やかな5月20、21日の両日、杜の都に初夏を告げる「第33回仙台・青葉まつり」が仙台市の中心市街地を舞台に開催され、大勢の市民や観光客などで賑わいました。

仙台水産は平成元年から毎年、青葉まつりに参加しています。今年は藩祖伊達政宗公の生誕450年の節目にあたり過去最大規模のまつりとなりました。

初日20日の宵まつりは定禅寺通を舞台にした、すずめ踊りの大流し。仙台水産のすずめ踊り隊「仙水神船組」(佐藤護リーダー)31人が、笛や太鼓のお囃子と威勢のいいかけ声に合わせて活気に満ちた踊りを披露すると、沿道に詰めかけた大勢の観客から惜しみない拍手と声援が送られました。

翌21日の本まつりはきらびやかな山鉾11基が登場する伊達時代絵巻巡行。仙水グループ・仙台水産の「御神船山鉾」がすずめ踊り隊とお囃子隊、引き手など総勢150人の大隊列を従えケヤキ並木の新緑に包まれた杜の都を練り歩きました。グル―プ社員が扮する七福神が御神船に乗って手を振り、山鉾の前ではすずめ踊り隊が軽やかにすずめ踊りを舞いながら「仙台水産、魚がうまい!そ~れそれそれカツオがくるぞ」と威勢よく魚食をアピールし、観客から大きな拍手を浴びました。

杜の都に御神船 第33回仙台・青葉まつり

御神船山鉾とすずめ踊り隊(東二番丁通)

杜の都に御神船 第33回仙台・青葉まつり

厳かに巡行する御神船山鉾(定禅寺通)

2017年5月17日(水)
「みやぎ水産の日」でみやぎサーモン(養殖銀ザケ)を試食提案

「みやぎ水産の日」でみやぎサーモン(養殖銀ザケ)を試食提案

多くのテレビ局が取材に訪れた会場

「みやぎ水産の日」(毎月第3水曜日)、今月のおすすめは出荷の最盛期を迎えたブランド養殖銀ザケ「みやぎサーモン」。仙台水産は5月17日早朝、仙台卸売市場内で試食提案を行いました。

宮城県産ブランドの養殖銀ザケは5月~7月が出荷の最盛期で、国内生産量の9割を占めます。生産から出荷までの全工程を生産者が管理し、安全・安心なみやぎサーモン。水揚げの際、活け締めや神経締めによる鮮度保持処理を施すことで最大特長である、「新鮮で刺身で食べられるサケ」にこだわっています。

会場には銀ザケ(丸)とフィーレ、料理サンプル6品が並べられ、試食としてにぎり寿司と銀ザケのソテー350食分が仲買人や小売店、市場関係者らに振舞われました。在仙のテレビ局5社が取材 に訪れ昼のニュースで放映するなど、関心の高さを示していました。旬の銀ザケは脂がのり栄養も豊富!ぜひ食卓でご賞味ください。

2017年5月9日(火)
仙台水産欅の会が第22期定時総会を開催

仙台水産欅の会が第22期定時総会を開催

全て原案どおり可決した欅の会定時総会

仙台水産の加工荷主会である仙台水産欅の会(鈴木弘平会長=35社)は5月9日、江陽グランドホテル(仙台市青葉区)で第22期(平成28年度)定時総会を開き、さらなる飛躍・発展を誓いました。

冒頭、鈴木会長のあいさつの後、平成28年度の事業・収支決算報告や今期の事業計画が満場一致で可決されました。議事終了後、島貫文好顧問(仙台水産会長)は祝辞で「欅の会は年々グレードアップしてきている。幹事の手腕と皆様方の献身的な努力の賜物と感謝する。今後もいろいろ楽しみながら手を携え合ってマーケティングを進め、大いに発展することを期待します」と述べました。

その後、仙水グループの役職員を含む73人が出席する懇親会が催され、和やかな雰囲気の中、会員相互の情報交換や会員各社の発展を期すなど親睦を深めました。