活動レポート

2020年4月2日(木)
ようこそ仙水グループへ/仙台水産・イーネット合同入社式

ようこそ仙水グループへ/仙台水産・イーネット合同入社式

本田社長(左)から辞令が交付された

仙台水産とイーネットの合同入社式が4月2日、仙台水産大会議室で行われ、次代を担う新入社員8人が社会人としての新たな一歩を踏み出しました。

辞令交付後、本田社長は入社を歓迎するとともに「新型コロナ、改正卸売市場法の施行など今年は大きな変革の年となる。早く基礎を習得し、どんな仕事でも前向きに取り組み力をいかんなく発揮してほしい」と期待を述べ、石森副社長も「世の中がどう変化しても食は命。食料を供給する我々の使命は社会にとって不可欠。胸を張って仕事に取り組んでほしい」とエールを送りました。

役員紹介、社員代表による歓迎あいさつのあと、大武蓮さんが「一日でも早く一人前の社員として働けるよう精進する」と意気込みを述べました。

2020年4月1日(水)
ようこそ桃浦へ!宮城水産高校の3人が入社

ようこそ桃浦へ!宮城水産高校の3人が入社

大山代表(右)が新入社員に辞令を交付した

4月1日、桃浦かき生産者合同会社(大山勝幸代表)で仙台商産の島貫会長、仙台水産の本田社長、石森副社長らが出席のもと、宮城水産高校を今春卒業した3人を迎える入社式が行われました。

冒頭、大山代表は入社を歓迎するとともに「海は多くの恵みをもたらすが常に困難に挑み続けることでもある。試練を乗り越え強くなれる。皆さんの若い力と年輩の経験でより良い会社にしていこう」とあいさつしました。

島貫会長は「5年間続く地元高校からの入社。将来、地元の人達がこの会社を盛り上げてくれることが我々の夢。立派な人間に成長してほしい」と期待し、本田社長は「“明るく元気に笑顔であいさつ”から始めること。日々、ベストを尽くすことで仲間から信頼される自分をつくれる」と激励しました。